2014年10月 のブログ記事

この一年をいかに過ごすか?

| 雑記

昨日は40歳の誕生日を愉しく過ごしました。

実家の魚津で過ごし愉しい一日を過ごすことができました。

この一年は合計150時間超の各種セミナーに参加してきました。

これからの一年はその学びをいかに活かしていくかが大切になります。

その為に全力に目標に向かい進んでいきます。

今年は結果にこだわり進んでいきます。

今まで出会ったいただいた方々に感謝しこれから出会う方々に期待して自分の道を邁進していきます。

これからもよろしくお願い致します。



10月18日、19日

大阪でjcca「アスリートコンディショニング」セミナーが開催されました。

講師は東北楽天ゴールデンイーグルス松井稼頭央選手の専属トレーナー、西武ライオンズ、読売巨人軍フィジカルコーチを務められた「宮本英治」さんです。

自分の体を鍛えてきた経験がない人間は、選手と突っ込んだ話も指導することもできないという信念を持っている。

どの世界の先駆者方は熱量が違います。

宮本さんも熱く素晴らしい方でした。

これからのトレーナー、治療家は健康寿命をいかに平均寿命に近づけていくかがミッションです、という言葉が最初に出てきて進んでいる道は間違いないことを確信しました。

来年からは加圧トレーニングを使わないパーソナルトレーニングを開始していきますよ。

 

ペップアップされました。

| ペップトーク

10月12日、13日高岡にて「ペップトーク」セミナーが開催されました。

ペップトークとは?

「熱い」そして「あたたかい」相手のやる気を引き出す言 葉がけ

親ー子、先生ー生徒、コーチー選手、上司ー部下など指導 的な立場にある人が日々どんな声かけをすれば円滑なコミ ュニケーションをとれるのでしょうか?

その答えがここにあります。

言葉の力を人生に活かしませんか?

人の可能性は、自分自身や周りの人たちからの言葉がけに よって大きく広がります。
ペップトークは、もともとアメリカで監督やコーチが競技 前にスポーツ選手を励ますために行った、「短くて」「わ かりやすく」「肯定的な」「魂を揺さぶる」言葉がけです 。ペップトークは、日本を代表するアスレチックトレーナ ー岩﨑由純がアメリカのスポーツ現場で学んだ「勇気を与 える感動の言葉がけ」を、あなたが応援したい身近な人に 伝えるコミュニケーションスキルとして確立したものです 。 スポーツ現場はもちろん、家庭で、職場で、教育現場です ぐに実践できる簡単で効果的な方法です。


 

自分を承認し、相手を承認する。

簡単なことかもしれないけど難しい。

出来ると人生が変わります。

今回も皆さんの変化に感動しました。

出会ってくれてありがとう。



 

このY字のものはなんでしょう?
「ストレッチポール®アクティブ」というものです。
「ストレッチポール®アクティブ」とは?
主にランナーのパフォーマンス向上に必要な「骨盤の安定」と「インナーマッスルとアウターマッスルの協調性」を図ります。
効果としては
上肢体幹、上肢がうまく使える
姿勢の安定感が増す
身体が軽く感じる
歩行、走行時に身体が前に進みやすい
などがあります。
運動の際よく「腰が入ってない」と言われたり言ったりしたことがあると思います。
その「腰が入っている」感覚がつかめるツールになります。
昨今マラソンブームですが当院に来院される患者さんにもランニングにて痛みが発生する患者さんが多くなってきてます。
その患者さんにも好評なツールになります。
走っていてなにか走りが変?痛みが発生するなどの方は是非来院して下さい。
痛みのケアと共に痛みがこない身体になって愉しいランニングをしてみませんか?
 



冬に備えて運動してみませんか?

| 加圧



10月に入り過ごしやすい季節になりました。

この時期は夏の疲れが出てきて身体が重たい感じ、動きづらいなどあると思います。

そんな時は体質改善の為運動してみてはいかかでしょうか?

当院では加圧トレーニングを指導させていただいてます。

加圧トレーニングとは「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」のことです。
専用の加圧器具を使用して、腕の付け根(上腕二頭筋の基部)や脚の付け根(大腿部の基部)に各個人に合った適切な圧を掛けながら、目的に合ったトレーニングや運動を行います。
低強度のトレーニングが高強度のトレーニングに匹敵します。
予約が取れにくい状態でしたが目標達成された方が何人か退会されましたので予約がとりやすくなっております。
暑さも和らぎ運動しやすい時期になりました。
運動不足、体調改善など自分の体を変えたいと思っている方は是非、一度体験してみて下さい。
お問い合わせお待ちしております

空の夜長、運転に気をつけましょう。

| 雑記

夕方も早くに暗くなってきました。

秋の事故で多い時間帯は夕方です。

薄暗い時間が長いので車の発見が遅れ事故が起きる可能性が高まります。

そんな時はヘッドライトを早めに点灯致しましょう。

今の車は自動点灯が多いですが自動に頼らず少しでも暗いと感じたら点灯しましょう。

一人ひとりの気を付けが事故防止に繋がりますよ。

当院はポスター掲示、ブログ等にて事故防止啓発をしています。

もし、不幸にも事故に遭われた場合はは少しの違和感でも自己判断ではなく必ず受診したしましょう。

ブログ内検索

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031